カテゴリー別アーカイブ: └最終面接対策

最終面接ならではの視点を持つことは大切

最終面接で問われる内容

あれ?
1次・2次面接でうまく来ていたのに、
なんで最終面接で落ちるんだろう?

最終面接で落ちてしまう理由がわからない学生に読んでほしい内容です。

この記事を読むことで、最終面接に向かうチャンネルが切り替わり、
よい成果が得られるようになります。
ズバリ。
「人事と経営者は視点が違います。」

だから、
1次面接と同じような感じで最終面接に向かうと
成果が得られにくいんです。
最終面接で問われる内容を2つ紹介しましょう。

1つ目は、「価値観」

具体的には
『君は、どういう考え方を持っているんだろう?』
ということです。

仕事に対して。
社会で起こっている事柄に対して。
などなど、
聞き方は、経営者それぞれ異なるかもしれませんが、
こういった質問から、
みなさんが、どんな価値観を持っているか?確認しているんです。
どうして、そんなことがわかるのか?というと

人材開発ゼミに来てくれている
素晴らしい経営者の多くが語るキーワードとして
『価値観』があったからです。

能力があっても、価値観が合わない社員は、
能力がなくて、価値観が合わない社員よりも
たちが悪いんだそうです。

能力がある分、会社をグシャグシャにしてしまう恐れがあるんだそうです。
なんとなく、イメージできました?
最終面接で問われる2つ目のポイントは、「将来」
経営者は、人事担当など社員より
ずっと先のことを考えています。

具体的には、
『君を採用したら、将来、当社をどんな風に良くしてくれるだろう?』
ということです。

これは、きっと志望動機を聞けば、なんとなく
把握できるんじゃないかと思います。

ホームページに出ていること
そのままをしゃべったら、アウト。間違いなしですね。

そこで大切になってくるのが
「ストーリーで伝える」
ということです。

偶然にして、志望動機とホームページに出ている企業のビジョンがマッチしていたとしても
その理由として「ストーリー」があるのなら、
真実味が出ます。

『あっ、本当に、うちの会社をこうしたいんだな!』
ということが伝われば、
よい成果が得られると思います。

どうして、そんなことがわかるのか?というと

私がいろんな経営者の方と話していると、
みんな総じて「先を見ている」
ということがわかるからです。
経営者でなくても、経営に携わる役員も同じですね。
まとめますと、
最終面接で問われる内容は
「価値観」と「将来」です。

価値観は、恐れることありません。
あなたが生きてきた人生を通して思うことを
正直に語ればいいですから。

将来だって、恐れることはありません。
あなたが、もしその企業に入社できたら、
どうなってほしいか?
正直に語ればいいだけですから。

もし。は仮定の話ですから。
この記事を読んでいただいた方の
1人でもいいので就活支援に役立つことができたら幸いです。