カテゴリー別アーカイブ: └必要とする人材

必要とする人材って実際の現場サイドでどう思っているか知ることは、大切です

能力は就活に求められる?

・また落ちた。オレって、能力がないんだ・・・

って、思ってしまうの。
仕方ないと思います。

・必要な人材は、能力がある人
だと思いますよね。

間違いではありません。
だって、企業は、業績を上げたいから
人を採用するんですからね。

私もそう思っていました。
いろんな経営者のホンネを聞くまでは。。。

就活でがんばっている○○さん。こんにちは。
就活支援@千葉 吉岡です。

この記事は、
何社も落ちてしまい、自分の能力がないからだと、お悩みの
就活生○○さんに書きますね。

必要な人材として能力は求められるのか?
と聞かれたら、「求められる。」
と答えます。
しかし、最優先事項ではありません。

なぜか?

この式を見れば、みんなも理解できると思う。

仕事の成果=能力×熱意×考え方

能力も熱意も高い方がいいです。最低点は0点です。
しかし、「考え方は、マイナスもあり得るんです」
ここがポイントです。

わかりますよね?

会社にとって、一番の問題児は、
能力が高くて、熱意も高くて、考え方がマイナスの人。
こういう人は、会社に、超悪影響を及ぼします。
能力が高いと、ホント、たちが悪い。
それなら、能力なんてない方がマシです。

えっ?こんな人、いるんですか?
って思います?
いるんですよ。会社に1人くらい。
会社だけじゃないですよ。
みんなの周りにもいない?
バイト先。サークル先。部活メンバー。。。

思い当りませんか?

この話。
私が言ったんじゃないですよ。
ほんと、多くの経営者。それも素晴らしい企業の経営者が口をそろえて言っているんです。
だから、間違いないです。

正直、会社で必要な能力は、
ほとんど、会社に入ってから付けていくものが多いです。

いや、この話。
就活でいい会社から内定を取るのに、もっとも重要なポイントかもしれないです。
みんなが会社に示すべきは、何か?
わかってしまいますよね。

OKですか?
能力は、ないに越したことないですが、
必須事項ではない。
それより重要視していることがあります。

だから、会社に落ちたからといったって、
「自分は能力がないんだ。必要とされていないんだ。」
なんて思う必要は一切ない。

それより、もっと熱意を伝えられなかったのか?
それより、考え方が自分に合っている会社であったのか?

という視点に切り替えてほしいです。