shuukatushien のすべての投稿

なぜSTARMANというチームで活動することにしたのか

学生のキャリア支援を始めたのは
2011年 千葉市が主催した就活支援イベントを引き継いだことがきっかけです。

 

以来、大学の協力をベースに活動し、
学生の要望を受け
・キャリアバル
・TOPGUN
というイベントもするようになりました。

 

イベントをするだけであれば、
個人名だけで活動していればよかったのですが・・・

 

【僕らが目指すビジョン】

みんなのビジョンを叶えるプラットフォームを作りたい。

これが僕らの目指すビジョンです。

 

・多くの学生を集めたいわけでも
・内定塾が目的でも
ありません。

 

僕らは、
内定を取って会社に入ったら、
ハイ。さよなら。
となるのではなく、

 

「会社で働いてみて、どうよ」

 

といった感じで、
移り行く時代に合わせた働き方を
共に考えていきたい。
必要なら良いアイデアを提供したり

 

「何のために働いているんだろう?」
と、誰しも1度は向かえる壁に当たった時
「将来どうありたいか」という
就活で1度は出くわし、答えを出した質問を思い出し

 

あるいは「今、考えると、こうかも?」
という新たなビジョンを一緒に考え

 

『僕らが持っているツテ・能力を総動員して、叶えたい』

 

・日経ウーマンに出たい
・再生可能エネルギーで自給自足できる地域を作りたい
・金融知識を身に着け、カフェを開き成功させたい
・スペインのおいしいワインを日本に広めたい

 

僕らでは、思い浮かばないような
ワクワクするビジョン。
これらを叶えるチカラになれたら!

 

これが、
僕らが目指すビジョンです。

 

そのビジョンを叶えるためには、
必ず「法人」という形が必要になってくると思います。

 

だから、僕らは、
STARMANというチームを作り
NPO設立を目指す任意団体として活動することにしました。

 

キャリア支援で偶然出会った方の
・会社ではできないこと
・でも会社にいながら実現させたいこと
・表に名前を出せないけど実現させたいこと

 

のビジョン実現のためチカラになれたらな。と思っています。

 

若者が、ビジョンを描き
明日が少しウキウキするような世の中になったらいいな。
と願いながら。

1~2年目社会人のターニングポイント

一生懸命就活して、働き始めて1~2年となり、
会社の理不尽なことや、理想とのギャップといったモヤモヤが出始めているころじゃないかな?

 

年末に同窓と会うことが増える時期。
愚痴がどうしても出てしまいがちですが、
ここをどう乗り切るか?
が、結構ターニングポイントだったりします。

 

わかちば。で出会い、社会人として頑張っているアナタに向けて
ちょっとした気持ちの持ち方について
覚えておいて損はない話をしたいと思う。

 

ポイントは
・愚痴、不平不満をアイデアに
・提案を聞いてもらえるように歯を食いしばる
・やることやったら飛び出す勇気も
の3つです。

 

【1:愚痴、不平不満をアイデアに】

会社は、一人で行うものではなく、
同僚がいたり、他部署の方がいたり、お客様がいます。

 

なので、どうしたって、
理不尽なことや、入社前とのギャップがあります。

 

そんな時は
「よっしゃ!良い仕入れをした!」
と思うようにしよう(なかば強引に)

 

それらは、来るべき将来
会社を良くする提案をするためのアイデアの種です。

 

しっかりメモをしておこう

 

ただ愚痴、不平不満だけを周りに撒いてしまうようだと
「いい仕事ができる人」との関係を作ることができず
「あまりいい仕事ができない人」との関係を作ることになります。

 

これ、ホント大切なことだと思うよ。
キツいけどね。頑張って欲しい。

 

10回中10回やらずとも、最初は2~3回だけでも
メモして将来の種にしてみて欲しい。

 

 

【2:提案を聞いてもらえるように歯を食いしばる】

 

結構、やってしまうのが
若いうちから、思ったことを、ストレートに言っちゃう。
⇒なんか生意気って思われる
⇒いいことを言っても採用されない

 

これ、実は、私がそうでした。

 

ふりかえると、まだ早かったんだな。
って思います。

 

まずは、頼まれた仕事をキッチリ行い、
『信頼を得て』『いい仕事ができる人と仲間になって』
ここぞという時に、提案しよう。

 

芸能人とか、「下積み」ってよく言うけど
あれは、振り返ってみると必要なんだなって思います。
我慢を覚えるし、
「早く出世して、提案できるようになろう」って
モチベーションが上がったりします。

 

どちらかというと、
負のモチベーションですが、
正負のモチベーション両方を上手く使うのは、悪くないと思います。

 

とはいうものの、ずっと我慢しろ。とは言いません。
1年目からでも、提案していい時があります。

 

それは、上司・先輩から意見を求められたとき

 

この時は、『提案して良し』です。
むしろ、提案できるように、ネタを作っておこう

 

おっ、コイツ。会社を引っ張ろうとしているな。
って評価されますよ

 

 

【3:やることやったら飛び出す勇気も】

 

先日、こんな記事を目にしました。

 

氷河期世代を冷遇しておいて「技術力ある即戦力」なんて虫が良すぎる! 「おじいちゃんと新卒だけ」の日本企業

 

この記事、そうだなーって共感しました。

 

先の1と2を実行しても、ダメなようなら
冷静に、見極めて、こりゃダメだなと思うようなら
次の道を探す『勇気』も大切です。

 

私は、この勇気を出すのに、10年くらいかかりました(笑)
10年目でマズいなと思い始め、20年目で勇気を出した次第です。
遅すぎですね。

 

でも、1年経った今は、勇気を出してよかったと思っています。

 

いろいろありますが、トータルで見て
自身のキャリア向上につながることができています。

 

以上、
働き始め1~2年が経ち
いろいろモヤモヤし始めた社会人の方の参考になったら幸いです。

 

ある程度のガマン・修行は、将来の飛躍の糧となりますよ。

 

逆張り就活戦術2017

周りに流されたくないな。という就活生
良かったら読んでみてください。
特に中堅大学に行っている学生にはオススメじゃないかと思っています。

 

競馬で勝つ方法として「逆張り」
という基本戦術があります。

 

有馬記念で人気を落としたダイワスカーレットが逃げ切った

勝って人気になったら(倍率が下がったら)買わない。
負けて人気が落ちたら(倍率が上がったら)買う。
という単純な基本戦術です。

 

これを、2017年の就活に当てはめてみたら
どんな戦略があるか?というアイデアです。

 

意外に思われるかもしれませんが
「大学の王道にドップリ乗ってみる」
というのが、
2017年の逆張り就活戦略です。

 

いろんな大学のキャリアセンターの方に話を聞くと
「今年の3年生の就活イベント参加率が低くて・・・」
という声を聞きます。

 

どこの大学に行っても。

 

みんなが知っているような企業が来ても
参加率は低いんですよ!!

 

であるならば、
「大学の就活イベントに乗っかって、大企業の内定を取っちゃえば?」
という提案です。

 

もちろん、ただ単に「大企業」ってことで飛びついちゃダメですが
最近、社会人の自分視点で
『残業減・副業・働き方改革』
が大手企業を中心に活発だ
と感じます。

 

おそらく、この流れは今後も続くと思われます。

 

大手企業は、中小企業に比べ
売上を上げる仕組みが整っていて(逆につまらない面もあるかもしれませんが)
働く環境も整っている企業の確率が高いです。

 

また、今年の電通の件や
スタートトゥデイの1日6時間労働
yahooの週休3日制
へのチャレンジといったニュースも
『残業減・副業・働き方改革』
に加速をつけるものとなっています。

 

であるならば。

 

大企業に入社して、
働き方改革の波に乗って
大企業の持つブランドといった資産を活かし
自分がやりたい取り組みを始めて
副業的なことをやって
ある程度、自立できるところまで持っていって
いざ。という時が来たら
そっちの道で食べていく。

 

そんなキャリア戦略を取ったらどうだろう?
という提案です。

 

もちろん、そんな甘くないのでしょうが
入社し、会社からの信頼を勝ち得て
会社の資産を活かし、自己実現をする。
というチャレンジは、悪くないと思いますよ。

 

なんだかんだ言っても、
何か新しいことを始める時って
大企業社員というブランドは存在するので
人は集まりやすいし
プレスで広まりやすいし
大企業には、結構いろんな話が向こうから来る。

 

現に、私が昨年、市のイベント手伝いましたが、
今年も続いたと思ったら、今年は大企業にしか声かけていませんからね。
それが現実です。

 

つまり、
今、やりたいことが見つからなくても
大企業に入って
チャンスを見つけて、飛び込んでみて、
やりたいことを見つけて
その道に進んでいく。

 

提案によっては、社員でありながらチャレンジできる
「社内ベンチャー」
って道もあるだろうからね。

 

どう?
面白そうって思ったら

今すぐ行動に移すべきだ。

 

そう。

 

大学の就活イベントに参加して
お気に入りの大企業に名前を憶えてもらって
自ら営業かけて
みんなに先んじて内定取っちゃうんだ。

 

えっ?
「就活、意識高い系って言われるのが嫌だって?」

 

そうだよね。
わかる。
でも、卒業したら、そんなに会うことないし、
自分の生活かかってるからね。

 

みんながスタートし始めるであろう
3月に始めて半年くらいがんばるなら
12月に初めてゴールデンウィークまでに勝負を決めちゃっても
がんばる期間は同じだよ?

 

さあ。
周りが冬眠する間がチャンスだ!

 

国語の通知表が1でも身に付けなければ社会に出て苦労するのが文章術

社会人になり役立つことNo7
(18年前の就活を終えた大学4年生である自分に言いたい「これやっとけよ」)

 

突然ですが、今日、どれくらい文字を書きましたか?

 

メール・SNSに始まって、
報告書・電話メモ・・・

 

自分が思っているより、
かなり多くの文字を書いているはずです。

 

しかし、社会人になると、
それを遥かに凌ぐ文章量を書くことになります。

 

文章に始まり、文章に終わる。
と言ってもいいくらいです。

 

ということは、
仕事が早く終わるか?終わらないか?
の分岐点が文章術にあると言っても過言ではないということは
想像できますかね?

 

たいてい、若手社員は、
一生懸命、長い時間をかけて書いた文章を
無残にも上司や先輩社員に、問答無用で赤ペンチェックされ、
書き直す経験をします。

 

そして、
そんな気はないのに、送ったメールが悪い方に受け取られ
クレームになってしまった。
という経験も、ほとんどの社会人は経験アリではないでしょうか。

 

・体裁
・順序
・言いたいことがわかる文章
などなど、
書いたらきりがないですが、

 

所定の成果が上げられる文章を書くことができたら。。。
って、今でも思います。

 

私は、自慢じゃないですが、国語だけは、からっきしダメダメでした。

 

もし、若いうちから、文章力を持っていたなら・・・
って、何度も何度も思います。

 

今や、大勢のお友達とバーベキューをするために送る
お誘いメールですら、
文章力の有無が影響します。

 

もっと、本読んどけよ。って、今更ながら、思います。

 

私なりに、いろいろ文章力をアップするための書籍を読みましたが、
しいて言うなら、以下の本をオススメします。

 

中野巧氏:売れる文章術

 

この本の良いところは、
・イベントの参加者募集文章
・読ませるブログ記事文章
・納得させる小論文の文章
といった各シーンの基本型が紹介されているところです。

 

本以外なら、
イブスタ(千葉中央勉強会)
「もっと自分の魅力が伝わる文章術」
がよかったですね~。

 

なぜなら、
正確にわかりやすく書く技術を教わったからです。
残念ながら、講演ビデオとか無いのですが・・・

 

少しでもお役に立てたなら、幸いです。