月別アーカイブ: 2015年10月

楽しみな若者

今日、とある学生に呼んでいただき、お話しました。
なぜ、わかちば。など若者を応援する活動をしているんですか?
という質問に始まり、就活で注意すべき点は?など
気づいたら、わかちば。でお伝えする本質のほとんどをお伝えしちゃいました(笑)
なぜなら、彼は、私が一緒に働きたい3要素を兼ね備えていたからです。その3要素とは?

 

1.素直であること
2.チャレンジ精神を持っていること
3.謙虚であること

です。

 

2時間半ほどお話したでしょうか。
一生懸命メモしていました。

メモとるって、素直な証拠ですよね。

 

他にも
大企業と中小企業の違いについて
(向上心のある人にとってのチャンスとリスク。
受動的に働きたい人にとってのチャンスとリスク)

 

これからの時代に
真の雇用安定を獲得する上で、最重要キーワード

といったことから

今年のわかちば。参加4年生に学んだ
就活を「活」かすことについて
や、

私の転職理由
まで。

 

大暴露しましたよ(笑)

 

本当は、わかちば。でお伝えしたかったのですが
まあ、いっか。
おまけに、
ぜひ、お友達にも、今日私が伝えたことを
お伝えください。
と言ってしまいました。

 

なぜなら
「主体的に生きる若者を増やす」
ことが目的であり、
わかちば。は手段の1つに過ぎないからです。
本当は、わかちば。の参加者増やしたいんですがね。
まあ、いっか。
3要素を備えている彼の将来。
非常に楽しみです!

下町ロケット第1話を見て。選ぶべきは企業規模や業績より経営者の人間性

今日、下町ロケットの第1話が放映されました。 特許という私の商売道具が絡むドラマですが、 このドラマを見て学んだことを、「あえて」就活のブログに書きました。

なぜなら、これから企業を選ぶ就活生に読んで欲しいからです。 少し長いですが、お付き合いください。

実際に働いている、いち社会人の独り言ですが、 『選ぶべきは企業規模や業績より経営者の人間性』 だと、就活生に伝えたい。

・社員に、これ、与えておけばいいんでしょ。という言動 ・人として当たり前の良し悪しの判断より、売り上げ重視

をしてしまう経営者が、実に多い。 残念ながら、それが現実です。

あの大企業がなぜ?? という企業の不祥事が絶えないのが物語っています。 経営ってキレイごとだけじゃ上手く回らない現実もあると思いますがね。

・本当に社員を想って、経営(=物事の判断)をしているのか ・本当にお客様を想って、商品・サービスを提供(=管理判断)しているのか

を見極めてほしいと思います。

なぜなら、 こうした経営者の元「だけ」に ・いい人材が育ち ・いい商品サービスが生まれ 素晴らしい会社になるからです。

 

正直、入社してからではないと 見極めるのは、難しいのですが、 何とか (どんな手を使ってもいいので) 経営者の人間性を見極めてほしいです。

大企業であるなら、 そういう経営者を選ぶ企業なのか? を見極めてほしいです。

人数・部所が多ければ、多いほど 会社の雰囲気で企業を選ぶのは危険ですが (部所の長により、異なるので) 部所長に、人間性ある人材を選ぶか?が 経営者の仕事なので、 やはり、問われるのは、経営者の人間性です。

 

今日の下町ロケット第1話を見て 少なくとも佃田社長は、

・本当に社員を想って、経営(=物事の判断)をしている

と感じ取れました。

願わくば、 佃田社長と社員の関係構築 について、もう少し見てみたいです。

すでに「製造現場で働く社員」は 社長を信頼していると感じましたが、 映像で見られたのは、 社長が、製造現場に足を運び、現場社員に心を込めて声をかけ、 社員も応えていた様子だけでした。

私個人としては、 この「挨拶を交わせる関係」 になるまで、どんなことをしていたのか? が気になるところです。

一部営業社員など 「社長の考え方には、納得できない部分がある」 という声もあがっていましたが、 きっと、これからの出来事を通して、 社員が一致団結していくのでしょうね。

これからの下町ロケットの展開に期待です。

話がそれましたが、 就活生の皆様には 『選ぶべきは企業規模や業績より経営者の人間性』 という考え方があることを 知って欲しいです。

そして、 生意気ですが、 ・本当に社員を想って、経営(=物事の判断)をしているのか ・本当にお客様を想って、商品・サービスを提供(=管理判断)しているのか を、真摯に向き合う経営者が増えてほしい。

そう願っています。