月別アーカイブ: 2014年6月

就活に効くアルバイト募集の画像

成果をあげる過程を経験する その1:アルバイト先から社員の誘いを受ける

3年生でやるべき就活対策
1.多くの社会人と話し、自身の価値観を持つ
2.成果を上げる過程を経験する
3.自覚を持つ
をシリーズでお届けしていますが、

今回から
2.成果を上げる過程を経験する
について書きます。

就活生の面接をしていると
「サークルでリーダーをして盛り上げました」
という話を、イヤというほど聞きます。

はっきり言いますが
「サークルで盛り上がった。とかチームワークを築いた」
という話は、全く響きません。
なぜなら、上げた成果がはっきりしないからです。
業績を上げる人が欲しい
という企業が多い。のは正直なところです。
だから
「バイト先で、お客様へのトークマニュアルを作って実行して
売上を地域一番にしました。」
という経験談は、企業に響きます。

なんとなく、わかると思いますが

売上を地域一番にするようなバイト生は
社員にしたいって思われる可能性大です。

バイト先から欲しい!って思われる就活生は
企業からも欲しい!って思われるのも
当然のことです。

つまり、
ただ単に「時給分だけ働こう」
っていう働き方から
せっかく働いているんだから「ダントツの成果を上げよう」
っていう働き方にシフトすることです。

まずは
主体的に「自分の店を良くしよう」
という考えを持つことです。

もし、「自分の店を良くしよう」
って思えないようなバイド先だったら
時間がもったいない。即、変えましょう!

【NEXT 成果をあげる過程を経験する その2:PDCA】

【よく読まれている記事】
・就活生にオススメの本
・そこにいる社会人に聞けたらな?という就活生のための学生が気軽に社会人と話せるイベント

社会人と話して身に付ける3つの要点 その3:なりたい自分像を見つける

続いて身に付けていただきたいのは、
3.なりたい自分像を見つける
です。

(前の記事。社会人と話して身に付ける3つの要点 その2:価値観 はこちら
3年生でやるべき就活対策の全体像 はコチラ

部活に入って
「こんな上級生になりたいな」
って一度くらい思ったことありませんか?

これ。非常に重要です。
「モデリング」というブランディング手法の1つです。

描いたものになる可能性はありますが、
描かないものになる可能性はゼロです。

カンタンに言うと
5ヶ国語話そう!!って描いた人が3ヶ国語話せるようになる可能性はありますが
日本語だけでいいや。という人は、英語すら話せるようになる可能性はゼロです。

当たり前のことですが、
これを、自身の将来に使う人が圧倒的に少ない。

なぜ、大学でこの授業をしないのか?
と思うくらいです。

とは言っても
「周りに、なりたい大人なんていないよ」
って言いたくなるかもしれませんね。

仕方ないことです。
だって、通勤している社会人で上を向いて歩いている人って、極わずかですからね。

だから、
なりたい社会人像って言うと
本田圭介とか、スポーツ選手か芸能人になってしまうんですよね。

しかしながら、
実際、社会人と話してみると
『小さなヒーロー』って結構いるものです。

この人、いい感じで生きてるよな~。っていう大人。

とか

この前、先輩がカッコ良くってさ~。っていう大人。

 

だから、社会人と話して、
身の回りの『小さなヒーロー』をたくさん聞いて
なりたい自分像を見つけて欲しいな。
って思います。

以上、社会人と話して身に付ける3つの要点

1.判断できる眼を養う
2.価値観を持つ
3.なりたい自分像を見つける

を伝えてきましたが、
いかがでしたか?

ただ、社会人と話す。
のではなく、

上記3つの要点に
『アンテナを張って』
話し、感じたことをノートしていっていただきたい。

そのノートは、必ず就活で役立つ魔法のノートになるはずだから。

次からは、

3年生でやるべき就活対策
2.成果を上げる過程を経験する
について書いていきます。

【NEXT 成果をあげる過程を経験する その1:アルバイト先から社員の誘いを受ける】

面接の重要ポイント なんと小学生が!!

大きな声で「反応」しよう!
ookinakoedehannoukokuban

子供の授業参観に行った。
黒板の右隅に書いてあった言葉です。
子供に聞くと
「生活のめあて」だそうで、
毎日、日直になった人が書くそうです。

 

なんと!!
人材開発ゼミで伝える
面接の重要ポイントを
小学生自らの言葉で語られているとは。。。

 

ということで、
子供の教科書を読んでみようと思った次第です。

社会人と学生がトークしている画像

社会人と話して身に付ける3つの要点 その2:価値観を持つ

続いて身に付けていただきたいのは、
2.価値観を持つ
です。

(前の記事。社会人と話して身に付ける3つの要点 その1:判断力 はこちら
3年生でやるべき就活対策の全体像 はコチラ

価値観とは、カンタンに言うと「好き・嫌いをはっきりする」ことです。

就活の面接では、
まず間違いなく就活生の価値観を聞く質問を受けます。

なぜなら、アナタがどんな人なのか?知りたいからです。
多くの経営者から
「自分と同じ価値観の人を採用する。」
と聞いたことからも、それは明らかです。

就活における価値観とは?
・好きな業界は?
・好きな働き方は?
・好きな大人像は?
・好きな社風は?
などです。

はっきり言って、
これらの価値観を就活生に求めるのは酷です。
だって、働いたことないんですからね。

だからこそ、社会人と話す必要があるんです。

それも、多くの社会人と話す必要がある。
なぜなら、多くの価値観に触れる必要があるから。

そして、「これじゃいけないんだな」
ということも知ったほうがいい。

自分らしさと自分勝手を捉え違えている人が多いから。
ぜひ、手に入れて欲しい価値観が
『成功している社会人・経営者の価値観』
です。

社会に出て活躍している人は、どんな価値観を持っているのか?
これを手に入れると、倍返しチャンスが倍増します。

ぜひ、多くの社会人と話して
「この人の価値観は好きだな」
「この人の価値観は、自分としては、ちょっと違うかも」
というものを感じていって欲しい。

そうすると、
自分の価値観が築かれます。

そういった意味で、今は恵まれています。
いろんな場所で社会人と話す場がありませんからね。

探すのが困難であれば、大学のキャリアセンターに相談に行ったらいいと思います。
【NEXT 社会人と話して身に付ける3つの要点 その3:なりたい自分像】