月別アーカイブ: 2014年1月

面接対策。言われっぱなしになる必要はない

フツーの学生。「いい子にこそ」伝えたい!面接において大切なこと。

それは、
「エネルギー」です。
なぜなら、
フツーのテンションでずーっと話していると伝わらないからです。

人間は、動物なのですから、
喜怒哀楽があって当然です。

なのに、
「ほんとに通えるの?」
「他の会社が決まったら、そっちに行っちゃうんじゃない?」
「辞めちゃうんじゃない?」
と、言われて、
フツーの学生は、
「いいえ。そんなことはありません。大丈夫です。」
って、フツーの状態で話してしまうと思うんです。

これ、説明。
だから「心は震えません。」

もし、図星であるのあら、上記のような受け応えで構いませんが、
違うのなら・・・

「失礼を承知で申し上げます。

私は、そんな生半可な気持ちで御社を受けているわけではありません。

たった1時間半の通勤時間。そんなの苦になりません。」

と、2月の真冬のようなエネルギーで伝えましょう。

「怒」です。

 

実際、そうでしょ?本気なんでしょ?
ならば、
堂々と答えればいいと思います。
「言われっぱなしになる必要はない」

賛否両論あるかもしれませんが、
私は、そう思います。

ESの画像

ES書く以前に大切なことを教えよう

人材開発ゼミの参加者アンケートに、ESの書き方がわからない。と書いた方のためにESの書き方のついて記事を書きます。
もし、ESなんて数打ちゃ当たる。
その考えもアリだと私は思います)
とお考えの方は読まなくて結構です。
まず、運良く昨日の日経新聞にESの書き方が書いてあったので、
ポイントをシェアします。
その後、日経新聞の記事にはないESを書く以前に大切なことをお伝えします。
日経新聞に書いてあったESの書き方ポイント
ちなみに、2014年1月27日の記事です。
  • 面接で聞かれたいことに絞る
  • 数字を交え説得力をつける
  • 自分のアピールする経験がどう仕事につながるか(これは社会人を経験しないと難しいかも)
  • 自分の所属先(バイトとかサークルとか)で自分が果たした役割を書く
などが
学生が気をつけている点として紹介されていたこと
  • 企業研究をした上で、なぜその会社に入社したいのか?入社したら自身の経験をどう活かせるか?を熟考しないと採用担当者を納得させることはできない。
  • 「自分の言葉で自身の魅力を伝えられるかが鍵」
これが記事の文末にまとめられていたポイントです。
全てその通りだと思います。
やるべきだと思います。
そういった、誰もが知っているようなことは、新聞に任せるとして・・・
日経新聞の記事にはないESを書く以前に、大切なことを3つ紹介します。
1.見た目
2.会いたいかどうか
3.具体的行動が書いてあるか
まず、見た目。
見たくないって思われないこと。
さあ、もし自分が採用担当者だったら、読みたくなくなるESを考えてみよう
  • 雑な文字。
  • 小さな文字でゴチャゴチャ書いてある。
  • 空白が多い。
そして。。。
  • 「またこのパターンか!」
というESは読みたくなくなります。
ネットに出ているようなネタはヤバイでしょうね。
次に、会いたいかどうか
私は、ESは極論「会いたい!」と思わせたら勝ちだと考えます。
さあ、また考えてみましょう。
もし、あなたが採用担当者だったら、会いたくなる人ってどんな就活生でしょうか?
  • ウチに入りたいって本気で思っている学生
  • こいつ面白そうだな!っていう学生
  • なんか私が知らなそうな情報を知ってそうだという学生
そして。。。
  • 「続きを聞いてみたい」と思える学生
私は最後に書いた「続きを聞いてみたい」学生が一番会いたくなりますね。
最後に、具体的行動が書いてあるか
これは、ほとんどのES記事には書かれていないことではないでしょうか?
だって、プロのライターに教えてもらったことですからね(笑)
あなたは、一生懸命書いたES。
その後どうしたいのですか?ということです。
  • 面接で話してみたいんでしょ?
でも、それで異性(じゃなかった)、企業は振り向くでしょうか?
  • 御社のことをもっと知りたいので、面接でお話ししたいです。
とか
  • 御社の○○について、詳しく聞きたいんです。
とか
  • 私の経験談から、御社に必要か?マッチしていそうか?確かめて欲しいんです。
なんて書くべきじゃないでしょうかね?
まあ、ずらずらESについて書きましたが、
ESの書き方に悩んでいる就活生にとって参考になれば幸いです。

アイツらしいよね 布袋さんとB’Z松本さんのトークに学ぶ就活の仕方

今日は、チョットゆるめのコラムを書こうと思う。

今、就活生のみんなは、自己分析の仕方。ESの書き方。面接の受け方。を、血眼になって探していると思う。

でもね、これだけは忘れないで欲しい。
『自分らしくあって欲しい。』ということ。
なぜ、こう思うのかというと、布袋さんとB’Z松本さんのトークをyoutubeで観たからなんだ。

YouTube Preview Image

うまい、下手ではなく、イイよね。でありたい
いい音してるね。あいつらしいよね。

このトークが、格好よくてさ。
でも、これって、俺がいつも心掛けていることでもある。

面接で、上手く話すのも、悪くないけど、
どちらかというと、
オッ。君らしいね!
という方が、好きだな。

当然だが、好き勝手とは違うからね。
最低限の節度を持って接した上で、自分らしくあって欲しい。

ビジネスシーンを取り入れたドラマのヒーローって、そんな人が多いのが、その証拠さ。

会社説明会の受付で挨拶するより大切なこと

「吉岡さん。会社説明会の受付で、挨拶は元気にしたほうがいいですか?」
よく聞かれる質問の一つです。

「そりゃ、元気にあいさつした方がいいよ。」と答えます。
そりゃ、当然大切ですよね。
でも、多くの企業において、受付での挨拶は、そんなに印象に残っていないものです。
これ、現場での話です。

就活生のみなさん。こんにちは。
就活支援@千葉 吉岡です。

私は、何度か会社説明会に説明担当者として出席したことがあります。

少し余裕のあった時に、他の企業のブースを見ていました。
会社説明会の直前ね。

まーバタバタしてます。
出席者を迎えて、カタログ・資料を渡して、
その一方で、これから話すことを考えて・・・

元気な挨拶をした方の顔は覚えているかもしれませんが、
名前まで覚えている方は僅かだと思います。
ブースに3名以上いたら、チェックしている可能性はありますね。
私が、オススメしたいのは、
『質問です。』
えーやっぱり。聞き飽きた。
と思いますよね。

でも、ただ質問するわけじゃありませんよ。

仮に誰かが質問して、その回答が自分の腑に落ちていない場合は、
「なぜ、そう思われるのでしょうか?よかったら教えてください。」
と聞くことです。

でも、ちょっと意地悪な質問かもって思いました?

ここがポイントです。
一言加えることです。

「なぜ、そう思われるのでしょうか?よかったら教えてください。」
『なぜなら、私が企業選びをする上で、最重要視していることなので、きちんとお伺いしたいからです。」
とか
「なぜ、そう思われるのでしょうか?よかったら教えてください。」
『なぜなら、御社に入社することを希望しているので、きちんと確かめたいからです。」
という一言を加えることです。

これ、会社説明会での質問の仕方で話しましたが、
みんなが大好き?な恋愛にシーンを変えてみましょうか。

A君「Bさんの、○○なところに惹かれて、好きになりました。」
Bさん「ありがとう。なぜ、そう思ったのか、よかったら教えてください。
『なぜなら、私は、付き合ったら、すぐには別れたくないタイプなので、
勘違いがないか、確かめたいので。』
と言われたら、
A君は、意地悪と思わず、
「そうか。Bさんは、きちんと相手のことを思っている人なんだな」
って思いますよね?

これです。

ポイントは、『なぜなら』です。

この一言があるか、ないかで、
相手に響く度合いが天と地ほどの差が出ます。