1~2年目社会人のターニングポイント

一生懸命就活して、働き始めて1~2年となり、
会社の理不尽なことや、理想とのギャップといったモヤモヤが出始めているころじゃないかな?

 

年末に同窓と会うことが増える時期。
愚痴がどうしても出てしまいがちですが、
ここをどう乗り切るか?
が、結構ターニングポイントだったりします。

 

わかちば。で出会い、社会人として頑張っているアナタに向けて
ちょっとした気持ちの持ち方について
覚えておいて損はない話をしたいと思う。

 

ポイントは
・愚痴、不平不満をアイデアに
・提案を聞いてもらえるように歯を食いしばる
・やることやったら飛び出す勇気も
の3つです。

 

【1:愚痴、不平不満をアイデアに】

会社は、一人で行うものではなく、
同僚がいたり、他部署の方がいたり、お客様がいます。

 

なので、どうしたって、
理不尽なことや、入社前とのギャップがあります。

 

そんな時は
「よっしゃ!良い仕入れをした!」
と思うようにしよう(なかば強引に)

 

それらは、来るべき将来
会社を良くする提案をするためのアイデアの種です。

 

しっかりメモをしておこう

 

ただ愚痴、不平不満だけを周りに撒いてしまうようだと
「いい仕事ができる人」との関係を作ることができず
「あまりいい仕事ができない人」との関係を作ることになります。

 

これ、ホント大切なことだと思うよ。
キツいけどね。頑張って欲しい。

 

10回中10回やらずとも、最初は2~3回だけでも
メモして将来の種にしてみて欲しい。

 

 

【2:提案を聞いてもらえるように歯を食いしばる】

 

結構、やってしまうのが
若いうちから、思ったことを、ストレートに言っちゃう。
⇒なんか生意気って思われる
⇒いいことを言っても採用されない

 

これ、実は、私がそうでした。

 

ふりかえると、まだ早かったんだな。
って思います。

 

まずは、頼まれた仕事をキッチリ行い、
『信頼を得て』『いい仕事ができる人と仲間になって』
ここぞという時に、提案しよう。

 

芸能人とか、「下積み」ってよく言うけど
あれは、振り返ってみると必要なんだなって思います。
我慢を覚えるし、
「早く出世して、提案できるようになろう」って
モチベーションが上がったりします。

 

どちらかというと、
負のモチベーションですが、
正負のモチベーション両方を上手く使うのは、悪くないと思います。

 

とはいうものの、ずっと我慢しろ。とは言いません。
1年目からでも、提案していい時があります。

 

それは、上司・先輩から意見を求められたとき

 

この時は、『提案して良し』です。
むしろ、提案できるように、ネタを作っておこう

 

おっ、コイツ。会社を引っ張ろうとしているな。
って評価されますよ

 

 

【3:やることやったら飛び出す勇気も】

 

先日、こんな記事を目にしました。

 

氷河期世代を冷遇しておいて「技術力ある即戦力」なんて虫が良すぎる! 「おじいちゃんと新卒だけ」の日本企業

 

この記事、そうだなーって共感しました。

 

先の1と2を実行しても、ダメなようなら
冷静に、見極めて、こりゃダメだなと思うようなら
次の道を探す『勇気』も大切です。

 

私は、この勇気を出すのに、10年くらいかかりました(笑)
10年目でマズいなと思い始め、20年目で勇気を出した次第です。
遅すぎですね。

 

でも、1年経った今は、勇気を出してよかったと思っています。

 

いろいろありますが、トータルで見て
自身のキャリア向上につながることができています。

 

以上、
働き始め1~2年が経ち
いろいろモヤモヤし始めた社会人の方の参考になったら幸いです。

 

ある程度のガマン・修行は、将来の飛躍の糧となりますよ。