逆張り就活戦術2017

周りに流されたくないな。という就活生
良かったら読んでみてください。
特に中堅大学に行っている学生にはオススメじゃないかと思っています。

 

競馬で勝つ方法として「逆張り」
という基本戦術があります。

 

有馬記念で人気を落としたダイワスカーレットが逃げ切った

勝って人気になったら(倍率が下がったら)買わない。
負けて人気が落ちたら(倍率が上がったら)買う。
という単純な基本戦術です。

 

これを、2017年の就活に当てはめてみたら
どんな戦略があるか?というアイデアです。

 

意外に思われるかもしれませんが
「大学の王道にドップリ乗ってみる」
というのが、
2017年の逆張り就活戦略です。

 

いろんな大学のキャリアセンターの方に話を聞くと
「今年の3年生の就活イベント参加率が低くて・・・」
という声を聞きます。

 

どこの大学に行っても。

 

みんなが知っているような企業が来ても
参加率は低いんですよ!!

 

であるならば、
「大学の就活イベントに乗っかって、大企業の内定を取っちゃえば?」
という提案です。

 

もちろん、ただ単に「大企業」ってことで飛びついちゃダメですが
最近、社会人の自分視点で
『残業減・副業・働き方改革』
が大手企業を中心に活発だ
と感じます。

 

おそらく、この流れは今後も続くと思われます。

 

大手企業は、中小企業に比べ
売上を上げる仕組みが整っていて(逆につまらない面もあるかもしれませんが)
働く環境も整っている企業の確率が高いです。

 

また、今年の電通の件や
スタートトゥデイの1日6時間労働
yahooの週休3日制
へのチャレンジといったニュースも
『残業減・副業・働き方改革』
に加速をつけるものとなっています。

 

であるならば。

 

大企業に入社して、
働き方改革の波に乗って
大企業の持つブランドといった資産を活かし
自分がやりたい取り組みを始めて
副業的なことをやって
ある程度、自立できるところまで持っていって
いざ。という時が来たら
そっちの道で食べていく。

 

そんなキャリア戦略を取ったらどうだろう?
という提案です。

 

もちろん、そんな甘くないのでしょうが
入社し、会社からの信頼を勝ち得て
会社の資産を活かし、自己実現をする。
というチャレンジは、悪くないと思いますよ。

 

なんだかんだ言っても、
何か新しいことを始める時って
大企業社員というブランドは存在するので
人は集まりやすいし
プレスで広まりやすいし
大企業には、結構いろんな話が向こうから来る。

 

現に、私が昨年、市のイベント手伝いましたが、
今年も続いたと思ったら、今年は大企業にしか声かけていませんからね。
それが現実です。

 

つまり、
今、やりたいことが見つからなくても
大企業に入って
チャンスを見つけて、飛び込んでみて、
やりたいことを見つけて
その道に進んでいく。

 

提案によっては、社員でありながらチャレンジできる
「社内ベンチャー」
って道もあるだろうからね。

 

どう?
面白そうって思ったら

今すぐ行動に移すべきだ。

 

そう。

 

大学の就活イベントに参加して
お気に入りの大企業に名前を憶えてもらって
自ら営業かけて
みんなに先んじて内定取っちゃうんだ。

 

えっ?
「就活、意識高い系って言われるのが嫌だって?」

 

そうだよね。
わかる。
でも、卒業したら、そんなに会うことないし、
自分の生活かかってるからね。

 

みんながスタートし始めるであろう
3月に始めて半年くらいがんばるなら
12月に初めてゴールデンウィークまでに勝負を決めちゃっても
がんばる期間は同じだよ?

 

さあ。
周りが冬眠する間がチャンスだ!